お待たせしました!epiclylaterd` ricky oyola part 3

epiclylaterd ricky oyolaのパート3がアップされました。

 

すべての翻訳は難しいですが、面白い箇所を抜栓して書きますね。良かったら映像を見ながら読んでください。↓

 

-リッキーのEE3のパートについて”ストリートを激走して、人の家とかに乗り上がっていた “byジャック・サバック

 

-EASTERN EXPOSUREの時代はカルフォルニアではなく、東海岸がスケート界のリードしていた。他とは滑り方が違っていた、うちらのウィールは大きかったし、スポットからスポットに行くのではなく、目の前にあるものを全部滑っていた。byリッキー

 

-フィリーでは銃の発砲事件が多かったため、日々新しいバンプtoバーで出来ていた(車椅子ランプ)

 

-最近のスケーターはフィルマーを頼りにしている人が多い(スポット、トリックとかに関して)、リッキーはもう自分で行きたい場所やトリックが決まっていて良かった。あとは撮影する時にしがみつくだけだった。 byダン・ウルフ

 

-zoo yorkのあとeliがilluminatiを始めたが商標権の問題(名前が取られていた)で半年で終わった。

 

-当時nicotine wheelに乗っていて、その会社とfirst divisionという会社を始めた(brian anderson やdonny barleyなどがライダー)、デッキブランドもリッキー主導で始まり、aleister crowleyの本などを読んでいてilluminatiがthe order of the silver starと呼ばれたので、silverstarと名付けた。

 

-東海岸をサポートするため、スピットファイアーを辞めてnicotineに移った。

 

-東海岸にDLXみたいな大きな会社を作りたかった。

 

-SILVERSTARを再発する場所を探していたリッキーはダン・ウルフからGIANTでやらないかとオファーがあったがリッキー、kevin taylor, jack rupp以外はにクビというのが条件。もちろん、リッキーはダン・ウルフに怒って断った。

しかし結果、数年後にはmatt reason やsergeiなどは同じマインドではなく最終的にスケートボード自体から離れていってしまった。(ある意味GIANT側の方がライダーを見る目があったじゃないだろうか。!?)

しかし、もしGIANTを選んでいたら多分スケート人生は変わってただろう。(いろいろな意味で。)

 

 

-当時 zoo yorkに乗っていなければコンソリかplan b に乗りたかった。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です